Top > 関節 > 関節痛は炎症から

関節痛は炎症から

膝痛などを中心とする関節の痛みですが、これはいくつかの理由があります。例えば、特にいえるのが負担がかかりすぎている、ということです。関節には軟骨があり、その摩擦をやわらげていたりするのですが、それがどんどん磨耗していくことによって、痛みを生じることになります。要するに炎症を起こしているわけです。擦れて擦れて、それが痛いわけです。ですから、いくつかのやり方によってカバーできることになります。一つは外側から痛み止めを塗ることです。要するに炎症を抑えるわけです。根本的な解決にはならないのですが、一つの方法としてはあります。もう一つは軟骨成分の復活を狙うことです。コンドロイチンです。これを摂取しますとそれなりに効果があるとされていますから、特定のサプリメントを摂取するようにするとよいでしょう。但し、配合量はかなりしっかりと見ることです。意外と少ないものが多いですから、そこは注意するべきになります。

リョウシンJV錠は飲み合わせに注意しないと副作用が生じる?

関節

関連エントリー
関節痛は炎症から